二重にしたい?でも無い物ねだりはやめよう。


スポンサーリンク


こんにちは!lin(@soylindaxx)です。
今回は二重整形について私の体験したことを書いていきます。

まず私の目の事情についてお話しします。
私は生まれた時は一重まぶた。
父と母は二重まぶたです。
母は、若い頃一重まぶただったので
私にはそれが遺伝したようでした。
歳をとれば、たるみとシワで二重になる
と言われていましたが、
一重故に目つきが悪い、可愛げがないのが
コンプレックスで、ずっとアイプチをしていました。

アイプチをしたことで
二重の跡がいき、二重になる・・
なんて話は都市伝説か!?と思うほど何も変化なく、
むしろ肌荒れや皮膚が伸びている感覚がありました。

毎朝早起きして、アイプチ。
上手にできた日はいいけど
上手にできなかったらなんどもやり直して学校に遅刻。
まつげとアイプチのノリが絡まったり、
目が突っ張る感じがして不快感・・
授業中もアイプチが取れていないか
常に気になる。

プールの授業後は顔が変わる・・笑
という学生生活でした。

高校2年生になり、
周りがプチ整形を始め出しました。
みんなアイプチにはもうこりごりだったのです。

私もその波に乗っかり、
プチ整形。
埋没法でした。
簡単な手術で自然な二重になり、
毎朝のアイプチ地獄から解放されてとても嬉しかったのを覚えています。

アイプチの腕はかなり高かったので、
バレないだろうと思っていたのですが
女性の先生や、女友達からは二重をかなり指摘されました。
やっぱり、バレるものなんですね。笑

埋没二重が薄れ始める

それから高校卒業後、
埋没法で二重にした線が薄くなり始めました。
私はまぶたの肉が少なく、二重の線が取れやすいタイプだったのです。

部分切開二重手術

ここで思い切って、半永久持つと言われている切開二重術に踏み切ります。
私がしたのは部分切開でしたが、
埋没法の時の二重幅に合わせて切開してもらったので
思っていたよりもかなり幅広二重になってしまいました。
埋没だと、そこまでくっきりしないので違和感はなかったのですが
やはり切開だとかなりはっきりした目元になりました。

若い頃は良かったのですが、
時代は流れ、ナチュラルメイクが流行り出した時
かなり幅が広い派手な二重が恥ずかしく、
不自然に感じて嫌で嫌で仕方ありませんでした。

どうも、切開した二重の修正手術はかなり困難らしく、
修正する病院選びがとても大事なようでした。

修正したからといって、希望通りの二重になるとは限らず、
私のことだからまた、幅広二重がいいかも・・なんて思ってしまうかもしれない。

整形仲間に相談しても
すごく綺麗な二重だからいいじゃん!
と言われる・・

でもかなり不自然で、伏し目がちになるとすごい丸わかりなところが
本当に嫌でした。

ですが
最近は整形を公表するのが一般的ですよね。
そりゃあガッキー(新垣結衣)のようなナチュラルが可愛いのはよくわかりますが、
自然なおとなしい二重にしたところで自分がガッキーになれるわけないです。

無い物ねだりはやめることにしました。


スポンサーリンク